英雄ヘラクレスとオリエント急行殺人事件

■英雄ヘラクレス 
 英雄ヘラクレスにまつわるギリシャ神話はたいへん多い。ゼウスは、ヘラの母乳を乳児のヘラクレスに吸わせた。その祭にほとばしったのが「ミルキーウェイ(天の川)」である。メネアの獅子退治をし、その後は、このライオンの頭皮を兜がわりに被るようになった。アレクサンドロス発行コインには、ライオンの頭皮を被ったヘラクレス像が描かれる。さらに、ヒュドラ退治、そして、クリュネイアの鹿の生け捕りなど、12の功業がある。ギリシャ神話の中でも英雄中の英雄である。アトリビュートは、ライオンの頭皮と棍棒である。下のコインにもそのアトリビュートが明確に確認できる。

ギリシャ・タソス島
 148−90BC頃
アレクサンドロス3世
 
 バビロン 336−323BC  
バクトリア・エウシデモスT世
230−190BC

■いろんなヘラクレス
 ヘラクレスはギリシャ語で、ラテン語ではヘルクレスになる。星座ののヘルクレス座は、こと座の隣にある。夏の大三角の一つ、一等星「ベガ」の西隣りにある。大きな星座だが、目立つ星はなく、英雄の割には地味である。
 昆虫では、世界最大のヘラクレスオオカブトがいる。これは、ヘラクレスにふさわしい命名だ。
●ヘルクレス座 ●ヘラクレスオオカブト

■英語ではハーキュリーズ
 ヘラクレスは、英語ではハーキュリーズになる。軍事関係ではミサイルや軍用機、戦艦などに使われているようだ。会社名・野球やサッカーなどのスポーツチーム名には、数限りなく使われているだろう。英雄というプラスイメージを利用している。大阪証券取引所の新興企業向け市場もまた、ハーキュリーズという。
 左は、ナイキ・ハーキュリーズというアメリカ軍のミサイルである。ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」と英雄「ヘラクレス」を英語読みにしたものである。たしかに、この名なら無敵であろう。

 右はアメリカ軍の軍用機「ハーキュリーズ」である。

■フランス語ではエルキュール
 アガサ・クリスティーの推理小説の名探偵「エルキュール・ポワロ」のファーストネーム「エルキュール」は、「ヘラクレス」のことである。「私の灰色の脳細胞が活動しはじめました」といいながら名推理を展開する。頭脳は優秀だが、ポワロの風貌は、ハゲで小太りの小男である。ユーモラスな印象だ。筋骨隆々の大男「ヘラクレス」とは、ほど遠い。このギャップがおもしろい。ヘラクレスが、オリエント急行殺人事件を解決するのだ。
 関連記事 当サイト内 →ヘラクレスが金剛力士に
  
コインINDEXへ

inserted by FC2 system