怪物 キマイラ (ライオン&ヤギ&蛇) 

シキオン :シキオニア(ペロポネソス半島の付け根あたり) 
330BCあるいは320BC〜280BC 
トリオボル銀貨 , 14mm, 2.53 g
表:左向きのキマイラ  裏:左向きに飛ぶのハト

■怪物キマイラ
 ライオンにヤギが合体し、しっぽがヘビである。ライオンの背中からヤギの上半身が(前足も)突き出すという組み合わせが、なんとも奇抜である。口から火炎をはく。キメラとも言う。
 複数の生物の合体した化け物の総称としても使われる。日本版キマイラなら、鵺(ぬえ)がある。これは、虎・猿・狸・蛇が合体したものである。
 
■ベレロボンのキマイラ退治

 英雄ベレロボンは、怪物キマイラ退治を命じられた。困り果てたが、アテナの助けで、天馬ペガススを乗りこなせるようになった。
 ペガススに乗り天をかけたベレロボンは、キマイラの口に鉛を突き入れた。キマイラの吐く息は炎である。鉛は溶けて全身に毒がまわってキマイラは死んだ。

 後にベレロボンは増長し、ペガススに乗って天に昇ろうとした。これがゼウスの怒りにふれ、地上に落とされた。

 左の画像は420BC頃のギリシャの赤絵陶器で、キマイラ退治が描かれている。ウィキペディアより拝借した。

コインINDEXへ

inserted by FC2 system