ルキウス・ウェルス


 ルキウス・ウェルス(治世161−169年) 
デナリウス銀貨  163年発行  2.95g 17.8mm
表銘:L AVREL VERVS AVG
裏銘:PROV DEOR TR PII COSII

■義兄マルクス・アウレリウスとの共同統治
 義兄は哲人帝、偉大なるマルクス・アウレリウスである。二人の養父であり皇帝のアントニヌス・ピウスは、マルクス・アウレリウスを皇帝に指名した。あくまで単独帝としての指名だった。しかし、義兄は皇位につくやいなや、共同帝として義弟ルキウス・ウェルスを指名した。

■享楽家
 ルキウス・ウェルスは、義兄マルクス・アウレリウスに従った。共同統治とはいえ彼の役回りは副皇帝というべき立場であった。素直に義兄を敬愛し、ナンバー2であることに徹していた。野心のある腹黒い人物なら、マルクス・アウレリウスも指名しなかっただろう。勤勉な義兄に対して享楽的な義弟であった。

■パルティア戦争

 →サイト内「ルキウス・ウェルスvsヴォロガセス4世」参照


■最期
 ゲルマン人の侵攻に対して軍を北イタリアへ進めた。その帰路、脳卒中で倒れ死亡した。彼は皇帝としては不向きであったかもしれないが、愛すべき人物であったようだ。その死に際して、義兄マルクス・アウレリウスは心から嘆き悲しんでいる。
 


 



コインINDEXへ

inserted by FC2 system