フィリプス・アラブス


 フィリプス・アラブス(治世224−249年) 
アントニニアヌス銀貨  244年発行 
表銘:IMP M IVL PHILIPPVS AVG
裏銘:VIRTVS AVG
■本名をマルクス・ユリウス・フィリップスという。属州シリア、あるいは属州アラビアの出身。
 
■ササン朝との戦い中に王位簒奪?
 ササン朝ペルシャのシャープール1世がメソポタミアに侵攻した。若年のローマ皇帝ゴルディアヌス3世は、243年レセナの戦いでペルシャを破る。この戦役中に皇帝の義父であり親衛隊長のティメシウスが死亡した。親衛隊長の後任として、フィリップス・アラブスがついた。
 
 244年、シャープール1世のペルシャ軍が反撃に転じ、ローマ軍は大敗する。この中で皇帝ゴルディアヌス3世が死亡した。次には、フィリップス・アラブスが皇帝となる。ゴルディアヌス3世の死は、フィリップス・アラブスによる謀殺の疑いがある。



ササン朝ペルシャ・シャープール1世

■皇帝就任後、ドナウ川方面のゴート族侵入を押さえたが、軍の支持を失っていき、デキウスにその座を奪われる。

 



コインINDEXへ

inserted by FC2 system